石鹸へのこだわり

サクラン配合 紗沙[洗顔石鹸]

開発者のこだわり

「馬油」についてご存知ですか?

「馬油」の読み方をご存知ですか?
どうして多くの方が「馬油」をお使いになられているかご存知ですか?

日本では、一般的には「ばーゆ」「ばあゆ」と読まれています。

「馬油」についてご存知ですか?

「馬油」とは、どのような読み方なのかご存知ですか?
「まーゆ」「まあゆ」か「ばーゆ」「ばあゆ」という読み方ができます。「まーゆ」「まあゆ」はどうも中国の読み方のようです。
日本では、一般的には「ばーゆ」「ばあゆ」と読まれています。
中国での歴史はとても古く、様々な書物から5~6世紀頃にはすでに、育毛や肌荒れ治療、筋肉痙攣の緩和などに、馬の油が使われていたことがわかっています。
日本での歴史は、明確に文献などに残ってはいませんが、奈良時代に中国(唐)から来た僧侶が効能を伝えたといわれています。
こんなに昔から使われている「馬油」、読んで字そのまま「馬」の「油」ですが、馬の腹部をはじめ全身の脂肪を加熱して、ろ過熟成して作られています。

高い浸透性、保湿性、殺菌作用、血行促進作用、消炎作用などが広く知られている「馬油」は、人の皮膚と成分がとても近いので、赤ちゃんからご年配の方まで、どなたにでも安心してお使いいただけるものです。

「紗沙」に「馬油」を使用したのは、この「馬油」の原料としての期待と安心感からなのです。

全てはお客様の肌のために・・・